国分寺市スポーツ吹矢協会規定

(名 称)

第1条     この会の名称を「国分寺市スポーツ吹矢協会」(以下「本協会」という)と称する。

(目 的)

第2条     本協会は、スポーツ吹矢を通じて、スポーツ吹矢の普及および振興を図り、以て市民の健康維持・増進とスポーツの振興に寄与することを目的とする。

(所 管)

第3条     本協会は、国分寺市内に1団体とし所管は国分寺市内とする。

(事務所)

第4条     本協会は、事務所を会長宅におく。

(活動事業)

第5条     本協会は、第2条に定める目的を達成するために、国分寺市役所の関連部署をはじめ、地域関連団体や地方公共団体との連携、協議を図り、次の活動事業を行う。

1.    (一社)日本スポーツ吹矢協会(以下「協会」という)主催の諸行事への積極的な参加協力

2.    スポーツ吹矢活動の団体間の交流と親睦を図る事業

3.    市大会及び競技会の開催

4.    スポーツ吹矢の普及・振興に関する事業

5.    段級位試験の開催事業

6.    スポーツ吹矢の体験会、研修会、講座開催などの事業

7.    その他目的を達成するための諸事業

(団体の帰属)

第6条     本協会は、協会に所属する。なお、政治・宗教・思想等の団体への加盟はしない。

(会 員)

第7条     本協会の会員は、所管内の各地域支部、同好会及びカルチャー等の団体、「協会所属の個人会員」により構成する。

(役 員)

第8条     本協会には、次の役員を置く。

1.会長        1

2.副会長        1

3.会計        1

4.会計監査        1

5.事務局長        1

なお、必要により顧問を置くことができる。

(役員の職務)

第9条     役員は、次の職務を遂行する。

1.会長        本協会を代表し、会務を総括する。

2.副会長        会長を補佐し、会長に欠員または事故ある場合はその職務を代行する。

3.会計        会計の任務に当たり、予算の立案・執行・決算を行う。

4.会計監査        年度毎の決算および運営の監査を行い、総会に報告する。

5.事務局長        本協会の事務処理を行う。

(役員の選任)

第10条   役員は、役員会で推挙し、総会で選任する。設立時のみは、発起人総会で選任する。

(役員の任期)

第11条   役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

役員に事故ある場合や補欠または、増員により選出されたものの任期は、前任者または現任者の残任期間とする。任期満了においても、後任が就任するまで、その職務を行わなければならない。

(役員会)

第12条   第8条に定める役員で構成する役員会は、必要に応じて会長が臨時招集し、次の事項を
 協議決定し、その内容を会員に周知する。

1.    事業計画案および予算案の策定

2.    市大会等競技会の実行委員会の設置

3.    その他本協議会運営に関する必要事項の決定

(総 会)

第13条   本協会の総会は、第7条に定める会員が所属する地域支部長及び同好会などの長が指
 名する役員(地域支部3、同好会2)をもって組織し総会の議決権1票を有する。

 総会は、毎年1回5月末までに開催し、次の事項を議決する。

 ただし、必要ある場合は、会長が臨時総会招集することができる。

     総会は、総会当日の総会会員の過半数の出席(委任状を含む)により成立し、その過半数の賛成により承認もしくは議決する。

1.    役員の選任

2.    規定の制定の承認

3.    事業計画および予算の承認

4.    事業報告および決算の承認

5.    その他本協会運営に関する重要事項の承認

(会 計)

第14条 本協会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとし、会員及び協会に会計報告をしなければならない。

(解 任)

第15条 本協会の目的に反し、本協会の活動を妨げる行為を行った役員に対して、会長は、本協会役員会の同意を得て、任期に関係なく解任することができる。

(退会・脱会・除名)

第16条 本協会は、次の場合、退会・脱会・除名を行う。

1.    会員の自己都合によるとき。

2.    支部、同好会および個人会員が、年会費の納入を滞ったとき退会させることがある。

3.    本協会の目的に反し、本協会の活動を妨げる行為を行った会員に対して、会長は、本協会役員会の同意を得て除名することができる。

(会 費)

第17条 本協会は、運営費として会員から次に定める年会費を徴収する。

1.    年会費は、3月末現在の在籍人員に応じて、下表の金額を支払う。

区分

人員数

金額

1

10人未満の団体

2,000

2

20人未満の団体

3,000

3

20人以上の団体

4,000

4

30人以上の団体

5,000

5 個人の場合(一人当たり) 200

2.    徴収された年会費は返却しない。

3.    入会金は徴収しない。

4.    年会費の徴収は、毎年3月末とする。(中途入会者は、その月とする)

5.    役員会の決議により、協会からの活動支援金の一部を収受することができる。

(経 費)

18条 本協会を運営するための費用は、交通費、通信費その他役員会で決議する。

(規定の改正)

19条 本協会規定は、役員会の議決を得て、総会において、総会会員の過半数の賛成をもって改正する。

(設立年月日)

20条 本協会の設立年月日平成26年3月29日とする。

(細 則)

21条 本協会規約に定めなきものは、細則で定める。

(附 則)

1.    本規定は、平成26221日制定

2. 本規定は、平成26年4月1日より施行する。

3. 本規定は、平成28年5月28日一部改訂する。


             役員名簿は下記の通り

 

役職名

氏  名

備 考

会 長

雨宮 幸男

 

副会長

山田  実

 

会 計

松永  尚

 

会計監査

樋代  勝

 

事務局長

田口 常雄