一般社団法人 日本スポーツ吹矢協会 むさし国分寺支部

第1条    (支部の目的)

一般社団法人日本スポーツ吹矢協会は、吹矢を安全なスポーツとして確立し、これを広く普及させ国民的健康スポーツとして定着させ、人々の心身の健康保持、増進、スポーツとしての楽しみに寄与することを目的としている。
本支部はこの協会の主旨に沿った活動を行い、会員相互の交流と技量の向上を図ることを目的とする。

第2条 (名称及び事務局

支部は社団法人日本スポーツ吹矢協会 むさし国分寺支部と称し、事務局を東京都国分寺市東恋ヶ窪2-1-1-208に置く。

第3条 (構成)

支部の会員は、一般社団法人日本スポーツ吹矢協会会員によって組織する。支部の役員構成は5名以上とする。

.

支部長

1名

.

副支部長

3(総務担当)(企画担当)(会計担当)

3.

事務局長 1

4.

会計

1名
5. 事務局長補佐 1名
6. 会計担当補佐 1名

 7.

会計監査

2名とする。

尚、副支部長、会計、会計監査等の役員は複数でも可とする。

第4条 (活動)

支部は、本協会定款第4条の目的を遂行するため、次の活動を行う。

.

本協会の諸方針をはじめとする決定事項に対し、その主旨を会員に伝える。

.

定例練習日を設け吹矢式呼吸の鍛錬に努める。

.

支部競技会の開催、協会主催の競技会への参加等、その他支部の目的達成に必要な一切の活動を行う。

第5条 支部の解散

1.  支部が諸般の事情で解散又は活動を停止しなければならない時には、一般社団法人日本スポーツ吹矢  協会に支部長(又は、それに準ずる者)名で解散報告書を提出するものとする。

2.  支部長等の役員が、不正や協会の方針に従わない場合やその他、本協会、理事会において支部と  してふさわしくないと認められた場合には、協会が支部を解散させることができる。

6 (役員)

1.  役員の任期は2年とし再選を妨げない。

2.  支部長は、協会の目的、支部の主旨に反する行為を行なった役員を支部役員会の同意を得て任期  に関係なく解任できる。

7条 (会費)

  健全な支部運営を行うために支部運営費として会員から会費を徴収する。

8 (会員)

1.  本支部への入会は、一般社団法人日本スポーツ吹矢協会への入会をもって、入会とする。

2.  退会は本人の申し出により行なわれる。但し会費の滞納、支部の目的に反し支部の活動を妨げる  言動、行為を行なった会員に対して、支部長は支部役員会の同意を得て退会させる事が出来る。

3.  会員は、原則的に支部の運営下にある練習所或いは支部が認めた練習所において、定例練習日に  は無料で練習を行なう事ができる。

4.  会員は療養、その他やむ得ない理由により、1ヵ月以上継続的に練習参加が出来ない場合、本人  の申し出により休会することが出来る。休会の期間は最大3ヵ月とし、その期間中の会費の納入  は免除される。

9条(公認指導員及び上級公認指導員)
公認指導員及び上級公認指導員は支部の活動に積極的に参加し、会員の指導及び、自らの技術向   上に努めなければならない。

9条(支部規約の細則)

    支部規約に定める必要な事項は、支部長が細則として定める。

10条(会計年度)

    支部の会計年度は、41日から翌年の331日とする。但し初年度は、この限りではない。

11条(役員会)

支部長は必要に応じて支部役員会を開催する事ができる。また、本規約に定めない事項、疑義    については、支部役員会にてその都度協議の上決定するものとする。

細則

1条(支部役員)

    別途役員名簿に定める。

2条(支部運営費)

1.  会費は支部運営費として月額1,000円を徴収する。(小・中・高・大学生は月額500円とする。)

2.  家族会員は支部運営委として月額500円を徴収する。(但し当分は、現状通り1,000と円する。)

3.  徴収方法は、月の第1週目に会計担当補佐に納める。

4.  支部会員以外の者が支部運営下の練習場で練習に参加する場合は1回に付き参加料(的など消耗  品代として)500円を徴収する。

5.  支部運営費について練習会場の変更や使用料金の改正等が生じた場合には、別途総会等で協議し  定めるものとする。

3条(公認指導員、上級公認指導員更新料等)

   公認指導員及び上級公認指導員更新料は支部の全額、一部補助する(公認指導員:5,000円及び上級公認指導員:10,000円)但し、対象の公認指導員及び上級公認指導員は支部長の推薦と役員会の承認を得た者に限る。

4条(活動補助)

1.  支部長が東京多摩総支部定例会議、総会並びに一般社団法人日本スポーツ吹矢協会への業務(打ち合  わせ&会員の用具購入等)のための交通費は全額支部が補助する。

2.  支部長が東京多摩総支部、東京都スポーツ吹矢協会及び社団法人日本スポーツ吹矢協会主催のスポーツ吹矢大会の役員(審判など)選出された時には交通費など全額支部が補助する。
(但し大会規定などで補助があるときには支払いは、重複しない)

3.  その他支部長代行として、支部長が認めた者に限り補助をする。

4.  支部長へ活動補助を別途支払う。

<付則>

1.   本規則は20112月制定、20112月16日施行。
                2016年4月23日改定。
           2016年4月29日改定